News & Blogお知らせ・ブログ

国際税務とはなにか?

こんにちは。大阪市の税理士、山本健介です。

 

今日は、「国際税務」とはなにか、について考えてみたいと思います。

 

1.国際税務とはなにか?

たとえばGoogleで「大阪 国際税務」と検索してみると、

 

・国際税務の仕事・求人

 

といった転職サイトや、

 

・国際税務に強い税理士一覧

 

といった税理士のまとめサイトが表示されます。

 

「国際」が付くと、なんとなく立派で難しそうな雰囲気になりますね。

この「国際」という言葉には、ひとつの国だけでなくいくつかの国にかかわる、という意味があります。

 

つまり、「国際」税務は

 

日本国内だけでは完結しない取引=日本と外国にまたがる取引

 

に係る税務です。

 

ただし、その法律はあくまで日本の税法ですので、国内税務と同じく、国際税務の扱う規定はすべて日本の国内税法において定められています。

 

(ただ、その取引の相手国政府と日本政府との取り決めによって、日本の規定が修正されることがあります。その取り決めのことを「租税条約」とよびます)

 

2.国際税務の種類

日本の国内税法のうち、国際取引に関係する規定や、その実務上の取扱いをまとめて「国際税務」とよびます。

では、その「国際取引に関係する規定」とは、たとえばどのようなものがあるでしょうか。

 

以下のように分類できます。

(全部説明しようとすると、もっっのすごく長くなるので、ここでは規定のタイトルだけにとどめておきます)

 

1.法人税にかかわる国際税務(法人の税務)

1)日本法人が親会社で外国子会社を保有するケース

①外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)

②外国子会社配当益金不算入制度

③外国税額控除

2)外国法人が親会社で日本子会社を保有するケース

①過小資本税制

②過大支払利子税制

 

2.所得税にかかわる国際税務(個人の税務)

1)日本人が外国に出向するケース

①源泉所得税の徴収の有無など

2)外国人が日本に出向してくるケース

①外国税額控除の適用の有無など

 

3.消費税にかかわる国際税務(主に法人の税務)

①取引の内外判定など

 

など色々あります。

上に挙げたのはあくまで例で、複数の領域にまたがる制度もあります。

例えば移転価格税制や、利子・配当・使用料(ロイヤリティ)などにかかる源泉所得税は、1.1)と2)のいずれでも関係します。

 

ご自身の取引がどのような規定に関係するかを知ったうえで、税理士の説明を聞くと、理解がすすむかもしれません。

 

今回は、国際税務とはなにか?について簡単にお伝えしました。

ただ、まだまだお伝えしたいことはたくさんあります。

 

国際税務とはなにか?について、今後も少しずつかみ砕いてご説明できたらと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の投稿者:

山本健介 1983年兵庫県加古川市生まれ。現在は大阪市城東区で税理士事務所を開業しています。税理士業界で10年以上、中小企業から上場企業まで会計・税務のお手伝いをしてきました。国際資格の専門校アビタス非常勤講師(USCPAコース担当)。米国公認会計士。お笑い好き。サッカー日本代表を応援しています。中国語勉強中。

税務/会計の関連記事

日本工資的計算方法

大家好。 我是大阪市的税理士山本健介。   今天我給大家介紹一下在日本工資的計算方法。 1.工資的計算方法 例如:員工A ・35歳 ・有一位扶養人 他的配偶 ・加入了社會保險和雇用保險 ・…

2021年6月12日税務/会計

会社を移転したとき

こんにちは。 大阪市の税理士、山本健介です。   会社の本店所在地を移転したときの手続きについて、ご存知でしょうか。 ひとつの会社でそんなに何度もあることではないと思いますが、事…

2021年6月11日税務/会計

給与計算の方法

こんにちは。 大阪市の税理士、山本健介です。   本日は、給与計算の方法について、ご紹介します。   1.給料の計算方法 (例)従業員Aさん ・35歳 ・扶養親族1名(配偶者) ・…

2021年6月8日税務/会計

ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください! 税務・会計やその他の会社経営に関するお悩みについて、なんでもご相談ください。

初回無料相談ご予約は

お電話からでも

山本健介税理士事務所電話 山本健介税理士事務所電話番号

インターネットからでも

山本健介税理士事務所電話お問い合わせフォーム