Starting a business

会社設立支援-流れと費用について

会社設立の流れと費用を知りたい方へ

会社を設立する際のおおまかな流れは次のとおりです。
1) 定款を作成し、公証人の認証を受ける。
2) 発起人(設立会社の株主になる人)の銀行口座に資本金相当額を払い込む。
3) 必要書類をそろえて法務局に設立登記の申請を行う。

設立登記の申請後、1~2週間ほどで登記事項証明書(いわゆる謄本)や印鑑登録証明書の取得が可能になります。
これらの入手後、税務署や年金事務所などへの申請・届出や、会社名義での銀行口座開設、事務所の賃借契約などが可能になります。

費用明細

会社の設立には、主に以下の費用が生じます。

手続き 費用 ご自身で設立する場合 専門家に依頼する場合
定款の認証
(公証役場)
認証手数料 5万円 5万円
収入印紙(※) 4万円
謄本交付手数料 約2,000円 約2,000円
設立登記の申請
(法務局)
登録免許税 資本金×0.7%
(15万円未満の場合、15万円)
資本金×0.7%
(15万円未満の場合、15万円)
その他 会社実印等の作成 約2万円 約2万円
登記事項証明書 1通600円 1通600円
印鑑登録証明書 1通450円 1通450円
専門家報酬 約5万円~10万円
合計 約26万円 約27万円~32万円
※横にスクロールしてご覧ください

※ 電子定款の認証を受ける場合は不要になりますが、電子定款の作成には専用のソフトウェアが必要となり、そのソフトウェアの購入には4万円以上かかります。そのため2社以上設立する場合でもない限り、ご自身で電子定款を作成されるのはむしろ割高となります。

ALL SERVICES業務案内